皮膚疾患

2/3ページ

【犬にも漢方】梅雨時期の体調の変化に注意!そして、新しい漢方薬へ変更。

梅雨時期の愛犬の体調管理

陰部を舐め続ける『常同行動』の治療に漢方を飲ませはじめて2ヶ月が経ちました。 飲ませていた漢方は神経の緊張を和らげ鎮静作用があるといわれる「羚羊角(レイヨウカク)」。あとは、脳のサプリメントと乳酸菌の3種類。 2ヶ月の服用が終わった効果のほどは・・変化なしです、残念。期待していましたが、逆に舐めたいパニックは徐々に酷くなりました。 これからどうしようか悩みましたが、ダメ元で別の漢方を試してみること […]

真菌症の治療が終了しました。

真菌症の治療が終了しました。

3ヶ月ほど前に発症した爪にカビが生える真菌症の治療をしていたブランです。 本当は今月頭に薬を飲み終わって再診へ行く予定でしたが、自粛生活中だったため様子をみていました。月末になって緊急事態宣言も解除され、コロナ感染者数がゼロという日が続いていたので、「今のうち!」病院へ行くことに。 フィラリアの検査とワクチンの予防接種も兼ねてきました。 真菌症のその後の経過 動物病院は今はどこも予約制が多いようで […]

常同行動で皮膚疾患のある愛犬に漢方薬をはじめました。

皮膚疾患の愛犬に漢方薬はじめました。

陰部の舐め癖がなかなか改善しないブランです。 これまで色々試してきましたが、そこまで効果を感じるものには出会えていません。そこで、以前より関心のあった漢方薬にチャレンジしてみることにしました。 とはいっても、漢方薬を試すのは初めてではありません。以前通院した際に、担当の獣医師さんからおすすめされた漢方を試してみたことがあるんです。効果が出る子だと1週間ほどで実感できるとのことで期待していましたが、 […]

愛犬の真菌症(皮膚糸状菌症)治療の経過

爪にカビが生える真菌症との診断から1ヶ月半ほど経過しました。 その間、抗真菌薬イトラコナゾールの服用と抗菌シャンプーで週2回の洗浄を継続。 処方薬を飲み終えたので、経過診察をしてもらうために再診へ行ってきました。 2歳になりました♫そして、皮膚糸状菌症(真菌症)にもなりました。 真菌症の経過診断の結果 前回は足先の毛を引っこ抜いて、専用の培養器でカビの有無を検査しましたが、今回は目視での診察です。 […]

犬の心因性による皮膚病は意外と多いらしい | 愛犬ブランの場合。

犬の心因性皮膚疾患って意外と多いらしい

今日も陰部を舐めたくてしょうがないブランです。 どーしても、どーしても舐めたい時は、エリカラをスポン!と上手に外せるようになりました。 姿が見えなくても「スポン」みたいな音が向こうから聞こえると、「あ、外したな」とわかります(笑)。 舐めるのを放っておくと、取り憑かれたように舐め続けますが、サークルに入れると不思議とピタッと静かになるんです。 ヒー!ヒー!とグルグルしていたのに、ピタッと。 サーク […]

2歳になりました♫そして、皮膚糸状菌症(真菌症)にもなりました。

ブラン2歳の誕生日記念

2月14日に2歳になりました! 早いなー・・。 吠えて暴れて子犬は大変だなと悪戦苦闘していたのがついこの間のようです。 これからも元気に長生きしてね。 さて、2歳になっても元気いっぱいのブランですが、実はまた病院通ってます。 なんと、爪にカビがパラサイトしています。 真菌症というやつです。 皮膚糸状菌症(真菌症):皮膚に真菌(カビ)が感染することで起こる皮膚病。真菌は土壌などの環境中に常在していて […]

愛犬の舐め癖の頻度が増えてきたので、長めの散歩に行ってみた結果

散歩の様子キャバプー ブラン

少し前まで落ち着いてきていると思っていた愛犬ブランの舐め癖ですが、今年に入ってから少しずつまた頻度が増してきているような気がします・・ 理由がわからず「もう、なぜなんだ・・」と落ち込み気味です。 舐めたいところを舐めさせてみた結果 数日前から何度も陰部を舐めたそうに、ヒーヒーと鳴くことが増えてきていました。 エリザベスカラーをつけているので、陰部には届きません。 そのためか、最近は手足をよく舐める […]

犬の舐め癖に有効!?おもちゃの『コング』を試してみました。

kongで舐め癖を減少させる方法を試してみました。

最近だいぶ落ち着いていたブランの陰部の舐め癖ですが、年末年始の不規則な生活のせいか、舐めたがる頻度が増えてしまいました。 おやつ作戦もあまり効果が無く、google先生に頼ってみると、おもちゃのコングを使って舐め癖を回避する方法というのを発見。 これはもしかしたらいいかも・・と思い、最近はめっきり出番が無くなっていた我が家のコングを引っ張り出してきました。 コングを使った犬の舐め癖対策 コングを使 […]

愛犬の皮膚疾患。舐めレベルの記録でわかった原因とその後の経過。

エリザベスカラーをつけるブラン

ある日、通っている保育園のトレーナーさんから「ブランくんの舐めるレベルと状況を逐一記録してみてください。」と言われました。 言われたとおりに記録をはじめると、舐める頻度やパターンが判明。 病院での治療も相まって、舐め頻度が大幅に減ってきています。 舐めレベルの記録、とっても役に立ちました。 舐めレベルと状況の記録 保育園から言われた『舐めレベルと、その舐めはじめた状況』を記録することになりました。 […]

愛犬の皮膚疾患が悪化!エリザベスカラーの長さを変更してみた結果。

アニマルネッカーSN-3着用

ブランはこれまで長さ15cmのエリザベスカラーを使っていましたが、舐めようと思えば患部に届いてました。 全く舐めれないのはストレスだろうと、この15cmのエリカラを使っていたのですが、ある時から暇さえあれば舐めるように・・。 すると、みるみる患部が悪化。 気づくと少し膿んでしまっていました。 結果、病院で処方された薬の服用とエリカラを完全に舐められないサイズのものに変更することとなりました。 これ […]