犬がトイレ端でおしっこ!はみ出して失敗する時の【成功までの5対策】

犬がトイレ端でおしっこ!はみ出して失敗する時の【成功までの5対策】

ある時からトイレシートの端っこでトイレをするようになった我が家のブラン。

毎回ちゃんとトイレまで行くんですが、必ず端っこギリギリの位置にシャーっとします。新しくきれいなシートでもなぜか端っこです・・。

床からトイレ、シートの裏側までもおしっこがつたい濡れびちょびちょ。毎回ぞうきんを出動させていました。→ はみ出してオシッコの掃除を軽減!両面吸収のペットシーツ

どうにもこうにも端っこでおしっこが直らなかったのでトレーナーさんに相談したところ、どうやら“犬あるある”のようで、「大丈夫!」とすぐに対策を教えていただきました。

プロのトレーナーさんに習った「おしっこをはみ出して失敗する場合の対策」5つ!

対策 1 トイレのサイズを大きくする

ブランは当時5kg弱。トイレはレギュラーサイズでしたが小さすぎたようです。

まずはトイレのサイズを大きくとってください。」と言われました。

体の大きさよりも少しゆとりのある、ゆったり入れるくらいのサイズがいいとのことで、まずはワイドサイズのトイレに変更しました。

トイレをワイドサイズに変更
ワイドサイズのトイレに変更

しかし、それでもまだ端でおしっこは改善されず・・

対策 2 トイレのまわりに人口芝を敷く

トレーナーさん曰く、この方法がいちばん効果あり!とのこと。

トイレのまわりに人工芝を敷く方法です。

これまで教えてきたワンちゃんはこのやり方で成功する子が多かったそうです。

人工芝はホームセンターなどに売っているジョイント式の正方形もので、1枚100円くらい。柔らかい芝では意味が無く、ザクザクとしたポリエチレン素材のものを使用します。

キャバプーブランのトイレ
グリーンとグレーがあったので、グレーにしてみました。

この上に乗ると足裏の感触が気持ち悪いため、きちんとトイレに入って用をたすようになるそうです。早速トイレまわりに計6枚の人工芝を敷いてみました。

キャバプーブラン

すると・・!
ブランはこの人工芝の上で用をたしました・・。

外でもよく芝生におしっこをするブランは、人工芝をトイレとみなしたようです。

トレーナーさんに「めずらしいですね(笑)」と言われました。乗ること自体を嫌がる子はたまにいるようですが、その上でおしっこした子は初めてだそうです。

さすが、ブラン。

対策 3 簡単DIY トイレのまわりを囲む ①

人工芝対策では失敗したブラン。トレーナーさんから全部を囲ってみましょうと言われました。

トイレにまたいで入る仕組みにすると成功する子がいるそうです。

ホームセンターで濡れても拭き取れる素材の薄い板を購入し、トイレの周りに少し高さをつけて囲ってみました。

トイレの囲みDIY
高さを揃えてカットした板をテープで繋げて囲いを作っています。

すると、・・囲いの外でおしっこしました。

失敗です。全部を囲ってしまうと、全く入ろうとしませんでした。

対策 4 簡単DIY トイレのまわりを囲む ②

次は入り口以外を囲む作戦です。
正面以外の3方向に囲みをつけます。

出入りはしやすく、囲みは以前より高くしてみました。

百均で購入した網3枚と結束バンドを使用します。

キャバプーブランのトイレ
100均の網3枚を結束バンドで繋げました。

すると、成功です!!!
トイレの中まで入っておしっこをしました。

すぐに「おりこうさん」と言っておやつをあげました。トイレのしつけで成功したときはおやつをあげるのも効果ありだそうです。

おやつはわんちゃんが喜ぶお気に入りのものを。徐々に減らしていき、いずれは無しにしましょう。

対策 5 トイレの場所を広くする。

「トイレ3面囲み作戦&おやつ」で順調に成功していましたが、しばらくするとまた外す日がチラホラ。3回に1回ほど囲みがない手前の方に外すようになってきました。

そこで、トイレのシーツを手前まで少し伸ばしてみました

キャバプーブランのトイレ

トイレシーツはワイドサイズではなくレギュラーサイズを使用し、4枚敷いて汚れた場所をこまめに変えれるようにしています。

この方法にしてから成功率はUP!!!

キャバプーブランのトイレ

当初は3日に1回外していましたが、今では成功率100%!現在はこの形で落ち着いている感じです。

本当は手前のシーツは外したいんですが(^^;

はみ出してオシッコする時に役立つおすすめの商品

はみ出してオシッコするする時はとにかく掃除が大変 (>_<) はみ出し対策をしつつ、毎日の掃除が少しでも楽になるお役立ち商品をご紹介します。

掃除の負担を軽減!おすすめのペットシーツ 『デオ・ダブル』

『デオ・ダブル』ははみ出しておしっこをする時にとってもおすすめなペットシーツです!

一般的なシーツの2.4倍のポリマーを配合した圧倒的な吸収力と、裏面も吸収できる両面吸収という高性能。はみ出して裏側まで伝え漏れるおしっこをしっかりキャッチしてくれるので、掃除の手間や負担を軽減してくれます。→ 実際に使用した感想はこちら

デオダブル裏面吸収実験_2
食紅で色づけした擬似オシッコで実験。床に垂らした水分を裏面でしっかり吸収しました。

DIYが面倒な人に!おすすめの囲み付きトイレトレー

囲みトイレははみ出してオシッコを改善させるのに有効な方法ですが、DIYで手づくりする時間がない・・という方には市販の囲み付きトイレがおすすめです。トイレトレーはシンプルでお手入れがしやすいものがgood!そして囲み付きトイレはおしっこの飛散防止にも◎。ブランは足を上げずにおしっこしますが、毎回しずくが飛び散っています。トイレは絶対囲み付きがおすすめです!

透明素材で圧迫感が少ない【クリアレット】

トイレ本体と専用の飛散ガードを組み合わせて使用します。我が家は現在これを使っていますが、お手入れしやすくどんなインテリアにもマッチするイチオシのトイレトレーです。

メッシュ付き【リッチェル お掃除簡単ステップ壁付トイレ】

いたずら防止の取り外し可能なメッシュ付きトイレ。メッシュの間に隙間がないので汚れが溜まりにくく、お掃除がしやすい構造です。メッシュ部分を取り外して使うことも可能。

まとめ

『犬がトイレシートの端でおしっこ!はみ出して失敗する時の【5つの対策】』でした。トイレを成功させるには、トイレの場所を複数にしたりサイズを大きくするなど、選択肢を増やしてあげると成功率が上がるようです。トイレに慣れて外さなくなれば、サイズを小さくしておやつ無しにしても大丈夫とのこと。小さなうちはトイレサイズを大きく広げたまま、成功率を上げつつ頑張りましょう。

『部屋のアンモニア臭』や『おしっこ後の掃除が大変』・・などのお悩み解決に!我が家で使っている犬のトイレまわりの消臭と掃除の簡単さにこだわったおすすめグッズを紹介しています→ 脱臭・清潔!犬のトイレまわりを快適に。我が家のおすすめ最強グッズ☆

犬のトイレまわりにおすすめグッズ