散歩の必要性について。小型犬の「散歩はしなくても大丈夫」は本当!?

散歩の必要性について。小型犬の「散歩はしなくても大丈夫」は本当!?

ペットショップやネットで小型犬の散歩はそんなに必要ないといった話を見聞きしたことはないですか?

わたしも以前、先代のキャバリアを購入したペットショップでそのような説明を受けたことがあります。なので、当時は散歩の必要性についてあまり考えていませんでした・・

それから十数年後。ブランを迎えます。

ヤンチャぶりに困り果て、あらゆるしつけの勉強をする中で「散歩」の重要性を知ることになりました。

今経験して思うことは、散歩は本当に重要です!犬が変わります!!ということです。

キャバプーブラン散歩の必要性

そのきっかけとなったのはあるブログでした。

以前の記事しつけに悩む飼主さんへ。育犬ノイローゼから立ち直ったブログとの出会いで紹介した東京のペットショップUG DOGS アトラスタワー中目黒店店長さんのブログです。

もし愛犬の吠える・噛む・暴れるといった問題行動にお悩みがあれば、たくさん散歩をしてみてください。

ん?散歩??と思われるかもしれませんが、たくさん散歩をすると犬が変わるんです。

今回は実際に散歩で変わったというワンちゃんのおはなしをご紹介したいと思います。

店長ブログ「家族に吠えまくる元保護犬」のおはなし

私はUG DOGSアトラスタワー中目黒店の店長さんのブログを過去のものから全部読んでます。

少なくても2、3回ずつは繰り返し読んでると思います。
ちょっと読み過ぎですかね(笑)。

いつもしつけの参考にさせてもらっています。

そして、先日その店長さんのブログが更新されました。
今回は繁殖所からレスキューされた元保護犬、トイプードルのピースくんのおはなし。

散歩の必要性がよくわかる内容でしたので、抜粋してまとめた記事をご紹介したいと思います。

ご家族の中でお母さんにはべったり馴れたピースくんですが、お父さんや息子さんには吠えまくっていたそうです。

ご家族は遠方にお住まいのため、UG DOGSさんには電話で相談されました。電話カウンセリングで店長さんはピースくんに散歩をさせて世界を広げることを提案されます。

でも飼主のお母さんは、ピースくんが車などを見るとパニックを起こすため、散歩には消極的です。しかし店長は説得し、お母さんは覚悟を決めます。

電話カウンセリングから1週間。
初めての電車に乗り、人の多い観光地を歩き、色々な人に撫でてもらう。

人混みの中もお母さんに必死について歩いたピースくんは、たくさんの新しい刺激を受けました。

すると、ピースくんに変化が!ピースくんのお母さんを見る目が大きく変わったそうです。

ご家族に対する吠えはまだあるそうですが、以前はお母さんが叱っても全く聞かなかったのに、コラ!!と叱るとシュンとなるように。

その後は家族みんなに対して優しくなってきているとのことです。

この記事を読みながら泣いてしまいました。
ピースくんは素敵な家族の家の子になれてよかった。
ご家族もピースくんもたくさん幸せになってほしいです。

この記事を読んで、改めて散歩で犬は変われるんだと思いました。

私の拙い抜粋記事ではピースくんとご家族の頑張りが伝わりづらいですね・・
▼ご興味ある方はブログの全文をぜひ読んでみてください。
UG DOGS アトラスタワー中目黒店 店長日誌 家族に吠えまくる元保護犬。

【体験談】散歩をすることで変わったことと散歩の必要性について。

これまでも何度か書いていますが、元気いっぱい、体力底なしのブランのしつけには、散歩がとても有効でした。

そんなわたしも最初は「散歩するだけで何かかわるのかな・・?」と思いながら店長さんの記事を読んでいました。

ところが・・

読み進めていくと、ブランの上を行くヤンチャな子が、UG DOGSさんのトレーニングで変わっていく様子が何例も書かれていました。

こんなに変われるんだと希望を持ったのを覚えています。

それからブランは毎日1時間以上の散歩に連れて行きました。

キャバプーブラン散歩の必要性

ルートは毎日変更し、人やワンちゃんが集まりそうな場所へ。
お年寄りから子供まで、ブランをかわいいと言ってくれる人には撫でてもらいました。

そうして毎日違う経験、刺激を受けることで、家の中でも徐々に落ち着くようになったんです。

もちろん、他にもしつけはしていましたが、散歩が一番効果があったと思っています。

1歳を過ぎてもいろいろな所へ連れて行きますが、今でも新しい経験をするたびに落ち着いていくのが、目に見えてわかります。

実体験からもしつけには「散歩」がおすすめです!

まとめ

社会性が身につく散歩は犬にとってとても重要です。

今回ピースくんのおはなしを例に散歩の必要性についてご紹介しましたが、「全ての子が毎回、このように上手くいくわけではない。」そうです。

極端に臆病な子などは無理に長時間散歩をさせたりしない方がいい場合も。なかなか見分けることは難しいと思いますが、そういった子は無理強いすると逆効果になるようです。

私も経験しましたが、犬を飼うって大変です。
おとなしく飼いやすい子ばかりではないですもんね。

ネットを開けば情報が溢れているゆえに、どうしつければいいか迷っている飼主さんは多いのではないでしょうか。

個人的に「犬を飼っている人、これから飼う人」には、散歩や遊びで犬の社会性を身につけるしつけをされている、UG DOGSの店長さんのブログをおすすめしたいなと思ってます。